国際送料 実重量と容積重量について

輸出入においては国際送料を計算する際に実重量と容積重量(体積重量)を意識する必要があります。ここは基本ですが大事な知識ですのでしっかりと押えておきましょう。

実重量と容積重量

計算方式

実重量とは普通に「はかり」で量る重さのことですが、容積重量とは商品に対するみなし重量のことで、航空輸送では商品各辺(縦、横、高さ:cm)の掛け算/(5000又は6000) を実重量と比較し、重い方が採用されます。按分割合は契約によって違います、勿論6000で割った方が重さが小さくなるのでより有利になります。

それぞれ発送できるサービスがある

それぞれの重量計算方式で発送できるサービスがあります。
実重量:日本郵便のEMSサービス(国際スピード便)
容積重量:クーリエ(FEDEXやDHL等の国際宅配便取扱業者)が扱うサービス

比較方法

例えば160cmサイズ(50×50×60)で実重量が15kgのダンボールを発送する場合、50×50×60/5000=30kgと15kg(実重量)を比較して、30kgが容積重量となります。
EMSサービスを利用している代行業者のレートで計算した15kgの料金と、クーリエサービスを利用できる代行業者のレートで計算した30kgの料金を比較することで、どちらが高いか安いか判別できます。
あとはリードタイム(納品先に届けるまでの日数)等も意識しながら総合的に発送業者を選択すれば良いだけです。

まとめ

実重量と容積重量ではレート単価が違います。殆どの場合、実重量での発送が安くなりますが、EMSでは関税の請求先が選べないので、アマゾンFBA直送は選択できません。
また仕入れでは「小さくて軽くて頑丈なもの」が利益が出やすいと言われます。
ちょっとイメージしてほしいのですが、クーリエで送る場合に小さくて軽いものを160cmサイズのダンボールにいっぱい詰めても、30kgをこえないのであれば料金は変わりません。つまりたくさん詰めるほどに1個当たりの発送単価は下がっていきます。
こういったことを意識しながら発送先や発送のタイミングを上手にコントロール出来れば利益も出やすくなります。

 

出来ればポチお願いします^^


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

2 件のコメント

  • たらいさんはじめまして。いつも参考にさせていただいております。質問なのですが、今までせどりしかしたことがないのですが、輸入と輸出どちらから始めたらよいでしょうか?

    • こちゃろうさん、はじめまして。今から始めるなら輸入だと思います。欧米でも欧州でも中国でも円高の影響で仕入れやすくなっています。輸出は、円高、セラー増加などの影響で去年より稼ぎにくくなっています。ただ年末に向けて、また盛り上がってくる筈なので余裕があれば小口でも良いのでアマゾンアカウントやペイオニア等の決済の準備もしておくと良いですね。準備は結構、時間がかかりますよ。

  • たらい にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です