アマゾン輸出近況(2016年5月)

私達は2014年10月にアマゾン輸出を始めました。
柿沼さんの本を読んで、日本の商品が本当に自分達にも売れるのか


ドキドキしながら一頁ずつ実践したのを覚えています。
アメリカに商品が到着してAmazonに反映されたこと、そしてその日に
商品が売れたときはまさに感動でした。
その後ホリデーシーズンの影響もあって商品は面白いように売れましたし
まだ中国輸入をやっていませんでしたが、仕入れに先細り感を感じていたので
国内販売を捨てて輸出に特化しようかと思ったぐらいです。

それから現在の状況は、その頃よりは確実に売りにくくなっています。
始めてからまだ2年も経っていませんが、原因として以下が挙げられます。

・情報発信者が増えたことで輸出プレイヤーが増加し価格崩壊が起きやすくなった
・大手が参入してきた
・為替が円高に向かっている
・国際発送費が増加した
・アマゾン管理諸経費が値上げした。

こう考えると私が始めたころは、今と比べればまだブルーオーシャンだったんだなと思います。
凄い変化ですね。
国内販売辞めなくて良かった。
ただ輸出を辞めようかというと、全然そんなことはありません。
戦略的に取り組めば、まだまだ稼げると思っています。

酷いときには1商品に100人以上の日本人セラーが群がっていることもありますが、
増えた輸出プレイヤーはある程度淘汰されていくと思いますし、自分も淘汰されないように
ビジネススキルを上げ続けていくしかありません。
大手参入はしょうがないものと割り切って、なるべく隙間を突いていくしかありません。
為替が円高に向かっているのは皆が値上げするので大丈夫という話もありますが、なかなか
そううまくいかないということも経験しました。
また円安に向かっていたときはドルコスト平均法なんて無視してペイオニアに資金を置いたままでしたが、
最近の円高で結構痛い思いもしています。
国際発送費やアマゾン管理諸経費は毎年地味に値上がりしていますが何なんでしょうかね?
プレイヤーが皆で竹槍持ってチクチク突けば少しは変わるのかな?

あと前と今で少しも変わらないこととして外国人のコメントはポジティブでいつも楽しいです!!

出来ればポチお願いします^^


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です