問屋街視察 ~ 台北駅周辺 ~

以前から隣国の台湾に興味があったので、台北の問屋街と言われる華陰街や台北駅地下街を視察してきました。

時差

沖縄-桃園間の飛行時間は約1時間です。
隣国ですが約1時間の時差があります。日本の方が早いので行きは得した気分、帰りは損した気分になります。

交通

桃園空港から台北駅までは、バスで50分程度。
バスは頻繁に行き来していますが、帰りの混雑が少し気になりました。
桃園空港と台北間のMRT(都市鉄道)が開通すればこちらを利用したいところです。

華陰街

華陰街は台北駅の北西にある問屋街です。
太原路・重慶北路・長安西路などのエリア一帯を指します。
衣類・アクセサリ・容器・鞄などのショップがあります。

13:00頃から開く店が多いように感じました。
問屋街というよりも商店街という感じです。

2個めから安くするとか、3個買うともうひとつおまけといった売り方が多かったです。

台北駅地下街

また台北駅北側から入る地下街もたくさんの安い商品が並んでいます。
アクセサリの石や靴屋等以外にも中国からの流れ品のようなパソコン・スマホの周辺機器が販売されていました。

食事

昼食は小籠包の名店「鼎泰豊(ディンタイホン)」に行ってきました。
混雑していて20分ほど並びましたが、ここは外せないので待ちました^^
噂に違わず、とても美味しかったです!!

まとめ

交通や食べ物は安いですが、商品の物価は日本より少し安めという程度で、いくつか目ぼしい商品は見つかりましたが、
残念ながらすぐに買って帰りたいと思えるような商品は見当たりませんでした。
ただ今回は仕入れ(輸入)という視点での旅でしたが、物価があまり変わらないという点では輸出という考え方もあります。
実際に三越や吉野家、セブンイレブン等、日本企業の進出も目立っていました。

また今回は通訳の方に同行して頂いたということもありますが、思っていたよりも気軽に行けるということが分かったので、次は五分補や展示会、夜市へも行ってみたいと思います!!

出来ればポチお願いします^^


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です