OEM ~ 初回は少量買付を目指す ~

最近、数社の中国企業とOEM交渉を進めています。
1社へは発注もすませ日本への入荷待ちの状態です。
とはいえ大規模でも何でもなく、少量購入で仕入れ単価も高くありません。
関税含め合計しても10万円もいかないので失敗してもしれています。
成功した場合は、自社ページですので独占販売と美味しいとこ取りです。

逆にたくさん購入した場合は、それなりに安くなっていきますが、リスクは格段に跳ね上がります。
特に最初の購入時は、テスト販売という意味合いで単価よりも個数を少なく全体の費用を抑えることが重要なポイントになると思います。
最小限で仕入れてリスクを抑え、市場を試し売れると分かったら大量購入をするのが理想の形です。

今回もロットを下げることは勿論、パッケージへの印刷など不要な加工は除いて、本体への刻印のみ行ってもらいうよう交渉しました。

結果、以下のような感じになりました
前)500個発注、@9$
後)50個発注、@11$

これが売れたら、次は100個、500個、1000個と展開できます。
売れなかったらヤフオクででも捌きます^^

別に現地に行かなくてもOEMは可能

現代ではメールという連絡手段がありますので、別に現地に行かなくてもOEMは可能です。
相手がOEMを経験していれば、以外とスムーズに事は済みますし日本語で対応してくれるところも多いです。
きちんとした製品を作れるメーカーを見つけたら、積極的にコンタクトを取るのも良いと思います。
ただし相手の提示した最少ロットを鵜呑みにせずに、こちらの意思をきちんと示す事、
そして誤解の無いよう連絡を密に重ねて交渉していく事が大切です。

出来ればポチお願いします^^


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です