失敗してもやり直せる程度のリスクに留める

リサーチをして凄く売れている商品を発見した場合にどのぐらいの量を仕入れたら良いかと悩むことがよくあります。
これは例えばセラー数と週単位・月単位での回転率とかを見て自分で指標を決めて判断すれば良いですが、たまに資金を一点集中買いに充てる方もいて大変、危険だと感じることがあります。
先にも述べたように自分で指標を決めて購入するのは別に構わないのですが、最低限の考慮として「失敗してもやり直せる程度のリスクに留める」ということを当然のこととして頭に入れておくべきです。

確かにネット物販では相乗り出品でも毎日、独占状態で爆売れすることがちょくちょくあります。しかし、その時はたまたま自分しか気付いていなくてもいつか他のセラーのリサーチに引っ掛かってしまい赤字に陥ってしまうことは多々あります。
相乗り出品だけでなく例え新規出品でも似たような商品ページを作成されてしまうと、途端に売上が落ちてしまう可能性もあります。

ビジネスは新しいことに取り組んで可能性を広げながら続けてさえいれば、いつかは成功できるのものだと思います。
どこかで大きく挑戦する機会もありますが、その時でも「失敗してもやり直せる程度のリスクに留める」ことを意識して取り組んでいくようにしていきましょう。

出来ればポチお願いします^^


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です