支払いと受取りの準備

クレジットカード

ネット物販ビジネスではクレジットカードの利用は必須です。クレジットカードは会社員の場合が作りやすいので、独立前になるべくたくさん作成しておいた方が良いと言われますが、まあ5〜6枚もあれば十分だと思います。同時期に何枚も申請するのはカード会社から警戒されますので、1ヶ月に1枚ずつ申請していくと良いです。私達が最初に作成したのは、楽天カード、Yahoo!JAPANカード、REXカードです。楽天カードは周知の人気カードで言わずもがな。Yahoo!JAPANカードはYahoo!のポイント還元が凄く良いのでYahoo!ショップからの買付時によく利用しています。REXカード(JACCS)は1.7%と他のカードよりも高還元です。年間50万円未満の利用額では年会費が5000円ほどかかりますが、ネットビジネスをやっていると普通に超えてしまいます^^

ご利用は計画的に!!
初心者のうちからクレジットカードでの仕入れは余程、慎重に行うべきです。ある程度慣れてきた私達でさえ、リサーチの検討違いや何らかのトラブル等で商品が思ったほど捌けないというのは日常茶飯事です。ですので、初心者はいきなり数十万円も買付をするのではなく、まったく売れない場合でも支払える金額で徐々に感じを掴んでいくようにするべきです。

決済代行サービス

「PayPal」は世界中で利用されている為、輸出入サービスをやる際に利用することが多い決済サービスです。支払サービスだけでなく受取サービスもあります。支払サービス利用例としてはebayからの買付や海外ツールの購入を利用する際によく利用します。ただし、これも結局はクレジット決済ですので注意が必要です。

銀行口座

クレジットの支払いや日本アマゾンやヤフオクなどで売り上げた代金を受け取る為に銀行口座が必要です。これもメガバンク、地銀、ゆうちょ銀行など複数持っておいた方が良いです。また入金の確認や振込をネットで行うことが出来ると効率化に繋がりますので、出来ればネットバンクも開設しておいた方が良いです。

米国アマゾンからの売り上げを受け取るには

海外の銀行口座を開設するのは、現地法人を立てたりする必要があるので普通、厳しいと思います。ですので、一般的にはPayoneerやWorldFirstの振込サービスを経由して日本の銀行口座へ振り込む形となります。WorldFistは欧州の銀行系で信頼が高いですが、ゆうちょ銀行への振込みには対応していません。

まとめ

輸出入ビジネスを始めるために必要な決済手段は、以下の通りとなります。

  • クレジットカード(輸出入用:支払い)
  • PayPal(輸出入用:支払い、受取り)
  • 銀行口座:出来ればネットバンク併用(輸出入用:支払い、受取り)
  • PayoneerかWorldFirst(輸出用:受取り)

自己アフィリエイトでの資金の作り方

2016.07.16

アマゾン輸入概要① ~全体像の把握~

2016.07.02

 

出来ればポチお願いします^^


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です