頭の中を整理する

商品リサーチの戦略について、少し整理してみます。
リサーチ商品の仕入元と販売先には以下の3通りのパターンがあります。

・仕入先と販売先にある場合
・仕入先のみにある場合
・販売先のみにある場合

それぞれの戦略について考えてみます。

1.リサーチ商品が仕入先と販売先にある場合
→価格差、売れ行きを見て仕入判断をします。
【メリット】
売れている実績ページが既にあるので相乗りするだけで売れやすい。
【デメリット】
価格崩壊がおきやすい。
【戦略】
他より安く仕入れる。
セラーが少なくなっているタイミングで仕入れる。
安くなっているときに購入しておきセラーが少なくなるまで在庫を寝かせる。

2.リサーチ商品が仕入先のみにある場合
→類似品の過去の人気度をチェックして新規出品が可能か検討します。
【メリット】
長期的に安定して稼いでいくことができる。
【デメリット】
売れるページに育てるまでに時間がかかる。予測を外したときに全て不良在庫となる。
【戦略】
人気商品の類似品がないかを探す。
オリジナル化で他のセラーに相乗りされない手段を考える。
出品時にはスポンサープロダクト等の広告を出して商品認知度を高める。

3.リサーチ商品が販売先のみにある場合
→他の販路で売れるか検討します。
販売先が国内アマゾンであった場合、ヤフオクや他モール、海外アマゾンなども検討します。
ただ広く考えすぎるとまとまりがつかず手が付けられなくなりますので、このケースは無視した方が良さそうです。

たったこれだけのことですが、少し整理して考えるだけでも多少の効率化や、やるべきことが見えてきます。
忙しくて今何をやっているのか分からなくなっている方は、いちど自分のやっていること、やりたい事を紙に書いてみるなどして整理してみては如何でしょうか。もやっとしていた頭もすっきりすると思いますよ^^

出来ればポチお願いします^^


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

2 件のコメント

  • こんにちは。
    紙に書いてみるということは大事な事ですね。アナログですけど、書くこととタイピングとでは、大きな違いがあるように思います。
    整理してインプットし直す。
    紙と鉛筆を常に身近に置いておきますねV(^_^)V

    • 池田さんの仰るように紙に書いて脳にインプットすることが大切だと思います。
      パソコンで書くよりも表現の自由度が高いので、実に効率の良い整理法です。
      先ずは自分の思っていることを具現化してみることが大事ですもんね( ..)φメモメモ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です